株式会社RecoD(れこど)

052-759-5222(全国対応)

株式会社れこどが運営する、エネルギーに関する日本最大級のブログメディア-エネルギープレス

太陽光発電

3.11に発災した東日本大震災で、原発事故が起こりました。
トラブルが起こった時のダメージが大きすぎる原子力発電のあり方は多く議論され、再生可能エネルギーの活用がより一層推進されるようになりました。

そこで、一般家庭や事業所などで最も導入しやすい太陽光発電が注目を集めています。

皆様の太陽光発電システム導入検討の一助になるよう、ここでは太陽光発電のしくみやメリットといった基礎知識から丁寧に解説しています。
また、作られた電気を自分で利用するだけでなく売る際に必要になる固定価格買取制度の知識まで、最新の情報をご紹介しています。

 

高額になりがちな蓄電池を手軽にレンタル、その特徴とは?

  固定価格買取制度が2012年に始まり、太陽光発電システムで生み出された電気を電力会社に売電することが可能になりました。また、蓄電システムも導入することで、従来よりも電気代を節約できることが期待され、さらに突 …続きを読む

2017/04/25

太陽光ローンの借り換えがお得!おススメ金融機関ランキング

近年、太陽光発電システムが、産業でも一般家庭でもますます注目を集めるようになりました。 国が定めた「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」により余剰電力を売却することができるため、売電収入と節電効果でトータルの電気代を安 …続きを読む

2017/04/19

固定価格買取制度で定められた賦課金とはどのようなもの?

  毎月送られてくる電気料金の明細書に「賦課金」という名称の料金が記載されていることにお気づきでしょうか。 この賦課金というのは、電力会社が太陽光発電等による再生可能エネルギーを買い取る際に要したコストを補填す …続きを読む

2017/04/13

固定価格買取制度についてのパブリックコメントの重要箇所

  再生可能エネルギーの固定価格買取制度がスタートし、太陽光発電をはじめとした再生可能エネルギーの普及に弾みがつきましたが、九州電力等による新規の接続申し込みの保留など、いくつかの問題点を残しました。そこで、同 …続きを読む

2017/04/10

固定価格買取制度における太陽光発電設備認定の要件とは?

  再生可能エネルギーの固定価格買取制度で売電するためには、発電設備の認定を国から受けることが必要です。認定を受けるためには発電設備が国の定める要件を満たし、定められた申請書に必要事項を記入して国へ提出する必要 …続きを読む

2017/04/07

固定価格買取制度で求められる申請書の概要

  太陽光などで発電した再生可能エネルギーを売電するためには、国から設備の認可をもらう必要があります。国指定の申し込み用紙を使い、必要な情報も一緒に提出しなければいけないため、とても面倒だと感じる人は多いのでは …続きを読む

2017/04/04

家庭用と産業用の蓄電池、その違いとは?

  蓄電池といっても、オフィスや工場で使われるものから、家庭の太陽光パネルで発電した電気を蓄電するものまで幅広い種類があります。大きくわければ、「家庭用」と「産業用」となりますが、その違いをご存知ですか?選び方 …続きを読む

2017/04/01

家庭用、産業用に導入する蓄電池の選び方をご紹介

  再生可能エネルギーの普及に伴って注目を集めてきた蓄電池。蓄電池には家庭用と産業用のものがあり、さらに鉛蓄電池やリチウムイオン電池など材質による違いもあります。また、蓄電池メーカーによっては蓄電容量やその他性 …続きを読む

2017/03/26

パワーコンディショナーって何?太陽光発電初心者に知ってほしいパワコンの選び方

出典 http://solar-off.com/shopdetail/000000000045/   屋根に太陽光パネルが載っている家が増えていますよね。 自宅で発電した電気を使っうことにより、電気料金をおさえ …続きを読む

2017/02/05

固定価格買取制度が浮き彫りにした問題点とは

2012年からスタートした再生可能エネルギーの固定価格買取制度。   鳴り物入りでスタートしたこの制度の下で、国、発電事業者、電力会社、国民を巻き込んだ再生可能エネルギーの運用が始まったわけですが、やがていくつ …続きを読む

2016/12/14

1 / 41234