株式会社RecoD(れこど)

052-759-5222(全国対応)

株式会社れこどが運営する、エネルギーに関する日本最大級のブログメディア-エネルギープレス

スマートハウスを支えるHEMS、その価格と補助金についてご紹介(前編)


umi0078-009

スマートハウスの中心的な役割を果たすHEMS。このHEMSの導入によって効率的な電気の運用が可能になることから電気代の節約に繋がり、大変魅力的に思えます。

それでも、HEMSを導入するには相応の費用がかかるのではないか心配される方もいらっしゃると思います。

 

そこで本記事ではHEMSの価格帯をご紹介し、国や自治体から受けられる補助金にご説明します。

 

HEMSの価格帯

HEMSはメーカー(事業者)によって価格帯が異なります。例えば、2015年5月現在で価格公表されている一例として下記のHEMSがあります。

 

【太陽光】

事業者 名称 価格 備考
NTT東日本 フレッツ・ミルエネ 21,000から 初期登録費用+無線親機+分電盤計測器(120A)の金額。
さらにフレッツ光 初期費用がかかる。
パナソニック スマートHEMS 【新築】
約23万~28万円
【リフォーム】
約11万円~20万円
工事費別、運用費ゼロ円。
エディオン エディスマHEMSスタンダード 68,040円(税込) 工事費別、月額利用料 270円(税込)から
デンソー HEMSモニタ 226,800円(税込み)

 

このようにHEMSの価格帯はメーカーや種類によって大きく異なりますが、数万円単位から数十万円以上の費用が発生することは避けられないようです。

 

HEMSに対する補助金の現状

日本は省エネ社会を目指し、2030年までにZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の実現を目標としています。ZEHとは、1年間においてご家庭で消費した電気と創出した電気の差がゼロ以下になる住宅を言います。その要となる機器が、太陽光発電システム、蓄電池、HEMSなどです。

 

そして太陽光発電システムや蓄電池を導入する際は国から補助金を受けることができ、またHEMSでも補助金の交付の対象になることがあります。ただし、平成26年のHEMSに対する補助金交付は行われていないようです。

 

HEMSに対する補助金の過去実績を確認すると、平成23年度、平成25年度に交付が行われています。2年毎の交付と考えれば、平成27年度にもHEMS補助金交付のチャンスが考えられます。実際、経済産業省のホームページを確認すると、HEMS関連事業に関する下記の発表が行われています。

 

『平成27年度「大規模HEMS情報基盤整備事業」に係る補助事業者(執行団体)の公募について』 http://www.meti.go.jp/information/publicoffer/kobo/k150227001.html

 

また、経済産業省発表の『平成27年度「大規模ホームエネルギーマネジメントシステム情報基盤整備事業」に係る補 助事業者(執行団体)募集要領 』によれば、下記の文言が記載されています。

 

「本事業では、平成26年度に構築した大規模なHEMS情報基盤を活用し、その標準化等を実施することで、家庭部門において経済性の高いエネルギーマネジメントを実現します。これにより、民間主導によるHEMS普及を加速化し、省エネ・ピーク対策に貢献することを目的とします。」
(引用:平成27年度「大規模ホームエネルギーマネジメントシステム情報基盤整備事業」に係る補助事業者(執行団体)募集要領 )

 

このことから、 平成27年度以降にもHEMSに対する補助金が交付される可能性は高いと思われます。ただし、平成27年度予算の成立が前提となっているようですので、今後の動向を注視したいところです。

 

では次回後編で、過去のHEMS補助金の事例、地方自治体の補助金について見ていくことにしましょう。

後編はこちら>>

2015/05/29