一般建設業:愛知県知事 許可 (般-29)第108502号

株式会社RecoD(れこど)

052-759-5222(全国対応)

株式会社れこどが運営する、エネルギーに関する日本最大級のブログメディア-エネルギープレス

電力会社を変更による懸念はある?電力会社乗り換えQ&A


電力会社乗り換え

電力会社の変更で考えられる懸念事項

来年4月から始まる、電力の小売事業参入の自由化に伴い、各家庭の判断で電力会社を決めることが出来るようになります。中には、今契約している電力会社から、新しく市場に参入してくる会社へと乗り換えるところもでてくるでしょう。

自由化に伴い、問題が発生したり懸念事項が出てくることも考えられます。消費者側としてとくに大きな懸念事項として挙げられるのは以下の3つではないでしょうか。

 

■ 電気代金はどうなるのか

■ 電力は安定的に供給されるのか

■ 電力会社の切り替えはスムーズにおこなえるのか?

 

以下、それぞれについて説明していきます。

 

 

電気代金はどうなるのか?

市場に多くの会社が参入することで、価格競争が起こることは十分に考えられます。ただ、初めてのことでもあるのでどれくらいの料金がベースになるのかはまだ不透明だと言わざるを得ません。電気料金は安くなることが考えられるのですが、どれくらい安くなるとは言えないのです。

 

ただ、料金体系はひとつではなくいろいろなプランが導入されるのではないでしょうか。さまざまな企画が打ち出され、それに応じてプランも複数になり、消費者が自分自身の状態や立場に応じて契約できる体制が整えられることもあります。

あるいは現金ではなくポイント制やクーポンなどが導入されることもあるでしょう。このようないろいろな企画が各会社で打ち出されていくのではないでしょうか。

 

 

電力は安定的に供給されるのか?

次に心配となるのが、電力は安定して供給されるのか?という点です。電力会社を変えたら突然停電することが増えた、なんてことになったらあまりに不便ですね。

市場に参入する会社は、電力を安定して届ける義務が発生します。今、その義務を負っている会社は東京電力など10社に限られているのですが、今後電力供給を行う会社は、その義務を負うことになるので届出をする必要があるのです。

 

電気の小売事業に参入を表明している会社はその義務を負うことになるので、それに対応できるように準備を進めている段階になっています。

混乱することなくスムーズに移行ができるようにすることが、消費者に対しての大きな約束になるので、それを守ることが大事になるのです。

 

 

電力会社の切り替えはスムーズにおこなえるのか?

電力会社を変えたり契約を切り替えることで、電力供給の切り替えはスムーズに行けるのか?という懸念もあると思います。そこで切り替えがうまくいかないと、電気が点かないということもありますから。

 

実際どうなのかというとことですが、電気の供給契約を切り替えても電気の供給には影響を及ぼさないというのが大方の見方です。電気の品質が変わるわけではないということです。

なぜかといいますと、電気の供給自体は発電所からなされているものであり、すでにある送電網を使って電力供給が行われるので、ご家庭に届く電気が各電力会社によって異なるということがないのです。

 

ただ、新しく参入してくる会社は電力供給の実績がないのでその点では心配の要素があると思います。

とはいっても、いくつかの会社や事業所は自社で電力を供給しているというところもあり、その点はあまり心配することはないかと思います。発電所から電気が来ているということを考えると、今使っているシステムや送電網を使えば事足りるので、現在とあまり変わらない状況で生活ができるはずです。

送配電自体は今と変わらぬシステムを使うので、電力会社を切り替えたからといって新たに工事をすることもありません。なので、来年春から電力会社を変えたとしても、今となんら変わりない生活を送ることができるということです。

 

実際どうするか?は、周りの様子を見てからでも大丈夫だと思います。制度導入当初はいろいろ問題も起こる可能性があるので、注意深く観察しつつ、どの方法が一番いいか?を考えてみてください。

2015/12/07


太陽光発電所を買いたい方(販売)はコチラ