株式会社RecoD(れこど)

052-759-5222(全国対応)

株式会社れこどが運営する、エネルギーに関する日本最大級のブログメディア-エネルギープレス

電気自動車の燃費は本当に安い?


0cd1e3377d95e6aca7c15aa0fe426b19_m

私たちが住む現代の日本は、自動車が不可欠な社会となっています。これまでは主にガソリンを燃料としたガソリン自動車がクルマ社会を形成してきましたが、近年では電気自動車も普及し始めました。

 

電気自動車はガソリン自動車のようにCO2等の有害物質を発生させることはなく、化石燃料資源の枯渇問題へも対応できます。また、煩わしいガソリンの補充作業も必要もありません。

 

このようなメリットから電気自動車が注目を集めるようになったわけですが、自動車を保有する方にとっては経済性の良し悪しも気になるところではないでしょうか。とりわけ燃費については自動車を保有する方にとっては大変気なるトピックだと思います。それでは、ガソリン自動車から電気自動車に変えることで燃費の面でどのくらいのメリットがあるのでしょうか?

 

今回は、電気自動車の燃費について確認してみたいと思います。

 

 

ガソリン自動車と電気自動車の燃費比較の方法

電気自動車は化石燃料を直接使うわけではなく、代わりに電気を動力に変換することで走行させます。したがって、ガソリン1リットルあたりの走行距離(km)という従来の燃費の考え方では、ガソリン自動車と電気自動車のコスト比較は難しいため、今回は「1km走行するための必要コスト」という指標でガソリン自動車と電気自動車の燃費を計算して比べてみたいと思います。そして、計算結果から、どちらの自動車がどのくらい低コストであるかを明らかにしたいと思います。

 

 

1km走行に必要なコスト、ガソリン自動車の場合

一般公開されている情報から、ガソリン自動車が1km走行するための燃料コストを計算します。

 

・ガソリン価格1リットルあたりを130円と仮定します。

・ガソリン1リットルあたりの走行可能距離を10kmとします。なお、ここでの自動車は、AT車で車両重量1500〜2000kgを想定しています。

・以上より、1km走行するために必要な燃料費は、130円÷10km = 13円となります。

 

<計算結果のまとめ>

ガソリン自動車は、1km走るために13円のコストが必要です。」

 

なお、上記の計算に用いた数値は以下のサイトを参考にしました。

・直近のガソリン価格について

e-燃費「最近1年間のレギュラー価格」

http://e-nenpi.com/gs/price_graph/2/1/0

 

・ガソリン自動車の燃費について

国土交通省公式ウェブサイト「乗用車の燃費・CO2排出量」

http://www.mlit.go.jp/common/001031308.pdf

 

 

1km走行に必要なコスト、電気自動車の場合

電気自動車の場合も、一般公開されている各種情報から、1km走行するために必要なコストを計算します。
・電気自動車の走行可能距離は、1充電あたり200kmと仮定します。・電気代の安い夜間に充電するとし、夜間帯の電気代は1kWhあたり12円とします。

・リチウムイオン電池の容量を24kWhと仮定します。

・バッテリー残量ゼロから満充電までは24kWh × 12円 = 288円(≒300円)となります。以降の計算をわかりやすくするため、ここでは自宅でバッテリーを満タンにするためには300円必要と仮定します。

・300円で200kmの走行可能であるため、1kmあたりの価格に換算すると、300円÷200km = 1.5円となります。

 

<計算結果のまとめ>

電気自動車は、1km走るために1.5円のコストが必要です。」

 

なお、上記の計算に用いた数値は以下のサイトを参考にしました。

・夜間帯の電気代について

東京電力公式ウェブサイト「夜得プラン」

http://www.tepco.co.jp/e-rates/individual/menu/home/home08-j.html

 

・リチウムイオン電池の容量について

日産自動車公式ウェブサイト「Q&A | バッテリー 」

http://ev1.nissan.co.jp/FAQ/battery.html

 

以上をまとめると、1km走るために必要なコストは

  • ガソリン自動車が約13円
  • 電気自動車が1.5円

となります。したがって、電気自動車の燃費は、ガソリン自動車の燃費の約9分の1(13円 ÷ 1.5円 = 8.6)で済むことが分かります。

 

 

まとめ

今回は、電気自動車の燃費について、ガソリン自動車の燃費と比較することで検証してみました。

 

その結果、電気自動車はガソリン自動車よりも、実に9分の1の燃費で走行させることが可能であることが分かりました。

 

もちろん、実際の走行条件や燃料費の変動により若干数値が変動することがあり、今回の推計もある程度の誤差はあると思いますが、9倍近くの燃費差を考えると、電気自動車の方が燃費は割安であることには違いないでしょう。電気自動車は、燃費という面でもメリットが大きいと言えるのではないでしょうか。

2015/11/06


太陽光発電所を買いたい方(販売)はコチラ