株式会社RecoD(れこど)

052-759-5222(全国対応)

株式会社れこどが運営する、エネルギーに関する日本最大級のブログメディア-エネルギープレス

再生可能エネルギー

3.11の東日本大震災によって原発事故が起こったことをきっかけに、原子力発電、及び火力発電に頼らない再生可能エネルギーの活用を推進する動きが強まりました。

再生可能エネルギーとは、
「エネルギー源として永続的に利用することができると認められるもの」と定義されている、主に太陽光・風力・水力・地熱・バイオマスのことを言います。

技術の進歩や補助金制度によって、普及の速度が早まることが予想されます。

今一度、それぞれの再生可能エネルギーのメリットデメリット、今後の見通しを学んでみましょう。
自然豊かな日本をより魅力に感じていただけると思います。

 

水力発電のメリットと、対応すべきデメリットについて

水量に恵まれた日本は水力の持つエネルギーの恩恵を大きく受けることができ、また、エネルギー変換効率の高さから水力発電は再生可能エネルギーとして大きく期待されています。 水力発電設備の種類も土地の状況に合わせて採用することが …続きを読む

2017/01/18

水力発電はどのような基本原理?

近年、持続可能なエネルギーとして太陽光をはじめとした再生可能エネルギーが大きく期待されています。   自然の豊かな日本は自然のエネルギーを利用する機会に恵まれており、また、国の政策的な後押しもあることから、今後 …続きを読む

2017/01/15

再生可能エネルギーの種類と特徴をご紹介

2011年発生の東日本大震災から引き起こされた原発事故をきっかけに、日本では再生可能エネルギーを積極的に活用する動きが一層強まりました。   再生可能エネルギーとは、 「エネルギー源として永続的に利用することが …続きを読む

2017/01/09

水力発電の発電方法には様々な種類がある

水力発電の原理は、流水の力を水車に伝え、水車の回転エネルギーを電気エネルギーに変換するというシンプルなものになります。   1840年にイギリスにて水力発電は発明されたと言われています。かなり長い歴史を持ってい …続きを読む

2016/12/08

風力発電の持つ様々なメリットとデメリットをご解説

  エネルギー資源の枯渇や地球温暖化の解決に繋がる再生可能エネルギー。その再生可能エネルギーの中でも、太陽光と同様に大きく期待されているのが風力発電です。   安定して強い風が吹く場所であれば、半永久 …続きを読む

2016/12/05

再生可能エネルギーの普及政策にはどのような制度がある?

現在、日本で活用するエネルギー資源として、その大部分を石油や石炭等の化石燃料に依存しています。しかし、化石燃料は資源が有限であることに加え、その多くを輸入に頼っています。   そのため、原油価格が変動するリスク …続きを読む

2016/11/19

風の力で電気を生み出す風力発電、その仕組みをご紹介

近年の日本は再生可能エネルギーを中心としたエネルギー社会を目指しており、自然界に存在する様々なエネルギー資源を活用しようと模索しています。そのような状況の中で、太陽光と同様に至る場所で利用できる風力についても、その活用が …続きを読む

2016/11/13

再生可能エネルギーの長所と今後の課題

日本の電力の消費量は高度経済成長期以降大幅に伸び、今では中国、アメリカに次いで第3位の電力消費国となっています。東日本大震災後、省エネを促進する動きもあり顕著な電力消費の増加は見られませんが、やはり未だに日本は電気に大き …続きを読む

2016/10/16

電力自由化に続くのか?ガスの自由化とそれによる再生可能エネルギーへの影響

電力自由化ならぬ、ガス自由化もありうる?   電力自由化が始まって、もう数か月が経っています。   当初に比べ今は静かに見える状況ですが、電気の契約プランを切り替えたり電力会社を変えているところは着実 …続きを読む

2016/08/16

氷雪熱・温度差熱、意外と知られていない再生可能エネルギーの種類

再生可能エネルギーの種類   エコや環境問題と関連して、再生可能エネルギーをいかに活用するか?が、あちこちで議論されるようになってきました。   そして、2011年の東日本大震災も一つのきっかけとなっ …続きを読む

2016/07/25

1 / 41234