株式会社RecoD(れこど)

052-759-5222(全国対応)

株式会社れこどが運営する、エネルギーに関する日本最大級のブログメディア-エネルギープレス

メガソーラーってどんなもの?どうすれば運営できるの?


0e4d1dba07edb43f37c8e8641a03e90a_m

近年地球温暖化が深刻になっている中,太陽光発電に注目が集まっています。
太陽光発電とは,太陽の光エネルギーを電気エネルギーに変換することで電気を産みだす発電方法のことです。

 

日本政府や地方自治体が補助金を出し,太陽光発電の普及を支援しています。
ですから,太陽光発電に投資をすることは地球環境に貢献できかつ資金を増やすことができるのです。

 

今回はメガソーラーの概要と投資に必要な知識を紹介します。

 

 

メガソーラーとは何か?

メガソーラーとは,1000kW(1MW)以上の電気を太陽光で発電する発電所のことを言います。

 

ですから,発電容量が10kW程度の家庭用太陽光発電とは違い,メガソーラー発電業者は電力を販売することをビジネスにしています。主に自治体、民間企業の主導により、遊休地・堤防・埋立地・建物屋根などに設置されています。

 

各自治体は,メガソーラー発電の運営会社を募集したり,屋根貸事業,土地所有者とソーラー発電運営会社とのマッチングを行ったりし,ソーラー発電の普及に力を注いでいます。

 

メガソーラーの設置場所は大きく2つに分けて,陸上と屋根があります。
陸上の場合,地面から生える雑草や排気ガス,油分によるパネルの汚れが懸念されます。屋根の場合,学校,工場などの広い建物の屋根に設定されます。

 

パネルの重量,風向などにより取り付けに制約がかかることが懸念されます。また,最近では水上にパネルを設置している例もあります。例えば埼玉県が韓国企業と協力して,調整地にパネルを設置しています。

 

 

敷地はどれくらい?

太陽電池を設置する場合、おおよそ太陽電池容量を10倍した数値が必要な面積(㎡)となります。

例えば、10kWシステムを設置する場合は、約100㎡の面積が必要です。1000kWのメガソーラーを設置するのに,2haくらいの敷地が必要となります。

 

野球場やサッカー場の面積がおよそ1haくらいですので,参考にするといいと思います。

 

 

必要な投資金額と売電収入は??

10kW未満の発電量の場合,1年で発電量が約1万kWhですから20万円くらいの年間収入を見込め,10年くらいで投資金を回収できる計算になります。発電容量が10kW未満のパネルの場合,初期投資は200万円くらいです。

 

一方10kW以上の発電容量の場合,買い取り期間が20年ですから,1000kWの発電パネルを採用し,約2.5億円の投資をしたとしても投資金を回収できなくなる心配はありません。

 

1000kWソーラーで年間100万kWhの発電量を見込んでいる場合,年間2900万円の収入となります。ちなみに100万kWhの電力は300世帯が一年間に消費する電力に相当します。売電収入は,日照時間に左右されますので,一概には言えませんが,参考までにお願いします。

 

また,太陽光パネルの設置金額のほかに,用地の買収にもお金がかかりますが,政府や地方自治体の補助金制度がありますので,それを活用するといいと思います。

 

この補助金制度では,1kWあたり7万円を支給するというものです。メガソーラーの場合ですと,約7000万円の補助金を受け取れる計算になります。

 

 

まとめ

環境保護に貢献でき,法律で手厚く保護されている太陽光発電に投資することはいかがでしょうか?

 

投資金額は大きいですが,ほかに比べて買い取り価格が法律で決められている分,安心して投資できると思います。株,FXは価格変動が激しく,先が読めないので不安を抱えながらの投資になってしまいます。

 

いきなり,メガソーラーは経済的に厳しいという方は住宅の屋根にソーラーパネルを設置することを検討されてはいかがでしょうか。

 

これなら,それほど莫大な資金を必要とせず,電気代の節約になり,その分投資金額の回収が早くなります。ソーラービジネスは法律で電気の買い取り価格が決められているので,安心して投資でき,確実に資金を回収できると思います。

2015/12/21


太陽光発電所を買いたい方(販売)はコチラ