株式会社RecoD(れこど)

052-759-5222(全国対応)

株式会社れこどが運営する、エネルギーに関する日本最大級のブログメディア-エネルギープレス

風力発電はコストパフォーマンスに優れた発電方法か?


bb88f32e47960401bc523ad883726785_m[1] (600x400)

再生可能エネルギーの一つである風力発電は、風という自然界に存在する尽きないエネルギーを活用できることから、太陽光と同様に大変有望視されています。

 

ただし、風のエネルギーを電気エネルギーに変換するには発電設備を導入し、運用し続けることが必要です。そして、そのためのコストがかかることは避けられません。

 

それでは、それらのコストに見合う価値がどの程度風力発電から得られるのでしょうか?

 

今回は、風力発電のコストパフォーマンスについて確認してみたいと思います。

 

 

風力発電の設備・運用等のコスト

経済産業省・資源エネルギー庁主催の有識者会議である「発電コスト検証ワーキンググループ」の報告内容から確認してみます。

 

同ワーキンググループが公表した『長期エネルギー需給見通し小委員会に対する発電コスト等の検証に関する報告(平成27年5月)』によれば、風力発電(陸上)の2014年時点の発電コストは、21.6円/kWhとなっています。

 

発電コストには政策経費、運転維持費、資本費が含まれており、21.6円/kWhの内訳として以下のように報告されています。

 

政策経費 = IRR相当政策経費 + 予算関連政策経費 = 6.0円kWh

運転維持費 = 人件費 + 修繕費 + 諸費 + 業務分担費 = 3.4円kWh

資本費 = 建設費 + 固定資産税 + 廃棄費用 = 12.1円kWh


 

このうち、社会的経費とされる政策経費を除けば、風力発電の発電コストは15.6円/kWhとなります。
(上記データは、設備容量2万kW、設備利用率20%、稼働年数20年の陸上風力発電プラントを想定。)

 

なお、洋上風力発電については2020年時点でのコストが見積もられており、34.7円kWh(政策経費を除いて23.2円/kWh)と報告されています。

 

 

その他エネルギーとのコスト比較

それでは、その他の再生可能エネルギーのコストはどの程度でしょうか。

 

同ワーキンググループの報告によれば、2014年時点での各コストは以下のように公表されています。(比較を容易にするため、風力発電の場合も再掲します)

再生可能エネルギーの種類 コスト 政策経費を除いたコスト
住宅向け太陽光発電 29.4円/kWh 27.3円/kWh
非住宅向け太陽光発電 24.2円/kWh 21.0円/kWh
地熱発電 16.9円/kWh 10.9円/kwh
少水力発電 23.3円/kWh 20.4円/kWh
バイオマス発電(木質専焼) 29.7円/kWh 28.1円/kWh
風力発電(地上) 21.6円/kWh 15.6円/kWh

(ただし、地熱発電については予測範囲の値として公表されているため、地熱発電コストの現実の値は前後する可能性があります。)

 

以上の結果から、風力発電は、地熱発電を除けば他の発電方式よりはコストパフォーマンスが比較的優れていると言えます。

 
ただし、2014年時点での計算モデルにおいて、

・原子力(10.1円kWh:政策経費含)

・石炭火力(12.3円kWh:政策経費含)

・LNG火力(13.7円kWh:政策経費含)

といった既存の主要エネルギーの発電コストと比較すれば、再生可能エネルギー全体の発電コストは依然として高めだと言えます。

 

それでも、今後は風力発電等の設備普及とともに機器のコストは低下すると考えられており、経済性の面からも再生可能エネルギーの期待は高まりつつあると言えます。

 

 

まとめ

今回は、経済産業省・資源エネルギー庁に設置された発電コスト検証ワーキンググループの公表資料を元に、再生可能エネルギーのコスト比較を行いました。

同ワーキンググループのデータによれば、風力発電は他の再生可能エネルギーよりもコストパフォーマンスに優れることが分かりました。

今後の発電コストについては、電気系統やタービン等の設備費用が国際的な価格水準に収まっていくと考えられており、コストパフォーマンスが向上する余地が残されています。

 

また、一般に、設備が市場に普及すれば機器のコストは低下していく傾向があるため、再生可能エネルギーを推進する日本において、風力発電の普及とともに関連設備コストも低下が期待できます。

 

(参考)

発電コスト検証ワーキンググループ『長期エネルギー需給見通し小委員会に対する発電コスト等の検証に関する報告平成27年 5月』

http://www.enecho.meti.go.jp/committee/council/basic_policy_subcommittee/mitoshi/cost_wg/pdf/cost_wg_01.pdf

2015/08/21