株式会社RecoD(れこど)

052-759-5222(全国対応)

株式会社れこどが運営する、エネルギーに関する日本最大級のブログメディア-エネルギープレス

PPSを導入することでどのようなメリットが生まれるか?


img_pps_merit_03

1999年の改正電気事業法を受け、翌2000年からはついに電気事業分野にも自由化の波が押し寄せてきました。

 

当初は2000kW以上の特別高圧に限る自由化でしたが、2004年には500kW以上の高圧にも適用され、2005年には50kW以上の高圧に対しても自由化が認められました。そして2016年からは家庭や小規模オフィス向けの低圧電力についても適用される見通しです。

 

このような電力自由化の流れにおいて重要な役割を果たすのが、通称PPSと呼ばれる特定規模電気事業者です。

 

PPSは既存の大手電力会社とは別の新電力会社であり、近年、自由化の流れと共に注目を集めてきました。それではPPSを導入することによって、具体的にどのようなメリットが生まれるのでしょうか?今回は、PPSを導入することによるメリットをご紹介します。

 

PPSのメリット(1):電気料金を削減することが出来る

PPS導入のメリットは電気料金を削減することがもっとも大きいと言えるでしょう。いくつかのPPSの実績を確認すると、従来よりも数%の電気料金を削減できることが期待できるようで、場合によってはそれ以上の削減率を達成することも可能のようです。

 

PPSの電気が安い理由は、そのひとつとして電気の調達先が多様化していることが挙げられます。PPSの電気調達先は、工場の余剰電力や卸電力事業者など様々です。調達する電気は割安であり、また既存の大手電力会社のように大規模な発電所や関連施設を有する必要がありません。そのため、需要家に提供する電気もその分安く出来ます。

 

また、PPSには既存の大手電力会社のような電力供給の義務はないため、顧客の電気使用パターンに応じた電力供給が可能になります。

 

以上から考えると、次のような場合には、PPSから電気を買うことのメリットを受けやすいと言えます。

  • 季節に応じて電気使用のパターンが変動する設備。たとえば、夏だけオープンする施設など。
  • 昼と夜で電気使用量が大きく異なる設備。たとえば、24時間稼働の必要がない工場、店舗、オフィスなど。
  • その他、不定期に稼働する設備。

 

契約電力が50kW以上の高圧で、なおかつ上記のような設備の場合は、PPSを活用することで電力自由化の恩恵を大きく受けることが出来ると思われます。なお、PPSに切り替える際に設備投資等の追加費用は基本的にかからず、その手軽さもPPSメリットの一つとして数えることができるかもしれません。

 

PPSのメリット(2):余剰電力を高く売ることが出来る

PPSの持つもうひとつの側面が、電力の買取です。日本には固定価格買取制度という、電力を売却できる制度があります。太陽光等の再生可能エネルギーによって生み出された余剰電力を、一定期間、一定価格で電力会社に売却できる制度です。

 

同制度を利用した電気の売却先は既存の大手電力会社になりますが、PPSを活用することでより高い価格で余剰電力を売ることができます。

 

PPSへの売電価格はPPS事業者によって異なりますが、多くの場合は固定価格にプラスアルファの金額を加算した価格(プレミアム価格)で買い取ってくれます。プレミアム価格としては、+1円や+2円のケースがよく見られます。PPSを活用することで、固定価格買取制度による従来の売電価格よりもお得に電気を売ることができるでしょう。

 

まとめ

今回はPPSを導入することによるメリットをご紹介しました。最大のメリットは電気料金の削減であり、特に季節や時間によって電気使用量が大きく異なる工場や施設にとっては恩恵を受けることが出来ると思われます。

 

また、PPSのもうひとつの側面である電力買取も見逃すことが出来ません。PPSでは、固定価格買取制度での固定価格にプレミアム価格を加味した金額で電力を買い取るサービスを展開しています。

 

電気料金削減を目的としてPPSの導入を検討する場合でも、PPSの持つ多様な事業内容を理解することで、なぜPPS導入でメリットが生まれるのか理解が深まるのではないでしょうか。今回の記事がそのための一助となれば幸いです。

2015/07/10