株式会社RecoD(れこど)

052-759-5222(全国対応)

株式会社れこどが運営する、エネルギーに関する日本最大級のブログメディア-エネルギープレス

2016年の電力自由化って?絶対に損をしない3つのポイント!


img_news_electricity_30

「最近電気代が高い気がする…」「もっと電気代を節約できないかな」…電気代にお悩みのご家庭は多いのではないでしょうか。

実際、電気代に関する様々な統計を見ると、近年では電気代が年々上がっている傾向があります。そして、このまま電気代が上昇すると家計を圧迫して、生活が次第に苦しくなる可能性も…

 

しかし、2016年から始まる電力自由化が大きなチャンスです。電力自由化という規制緩和の機会を利用することで、これからの電気代を効果的に節約することも十分に可能と思われます。

そこで今回は、2016年電力自由化で、絶対に損をしない電気の活用ポイントを3点ご紹介したいと思います。電力自由化のポイントをしっかり押さえて、電気代を節約してゆとりのある生活を実現しましょう!

 

ポイント1:携帯電話会社を選択するように電力事業者を選べる

ご存知の通り、これまで電気を買うときはお住まいの地域を担当する電力会社からのみ可能でした。

しかし、2016年からは必ずしも地域電力会社から電力を購入する必要はなくなるのです。他地域の電力会社から購入できますし、これから新規参入してくる事業者から購入可能になります。

電力事業者が増えるとサービスや価格の競争が生まれますので、より安くて品質のいい電気を、消費者自らが選ぶことが出来ます。あたかも、携帯電話会社を自分で選ぶかのような感覚に近いかもしれません。

ここでは例として2社の電力事業を簡単にご紹介します。

 

 SBパワー

SBパワーは、通信やインターネット事業で有名なソフトバンクの関連会社で、ソフトバンクグループにおいてエネルギー関連事業を担っています。SBパワーでは「電力買い取りサービス」が提供されており、太陽光発電で生み出したエネルギーを、国が定める固定価格買取制度の価格よりも1円高く買い取ってもらえます。当初は限定エリアでのサービスになりますが、順次エリア拡大が予定されています。

 

 楽天エナジー

楽天エナジーは、EC事業で有名な楽天の関連会社で、楽天グループにおけるエネルギー関連事業を推進しています。楽天エナジーでは「電力マネジメントサービス」が提供されています。このサービスでは、顧客の代わりに楽天エナジーが電力会社と電気需給の契約を結び、顧客へは最適で安価な電力が提供されます。

 

以上2社の例のように、従来は通信やインターネット事業が中心であった事業者がエネルギー分野へも参入し、より魅力的な電力需給のサービスを受けることが可能になります。

そのため、今後はさらに増加すると思われる電力事業者の情報を集めて、それぞれが提供するサービスをしっかりと比較検討していくことが第1のポイントになります。

 

ポイント2:電気使用のスタイルを可視化、プラン見なおしで割安な電気生活!

現在、地域電力会社から提供される電気料金はいくつかの料金プランが用意されています。たとえば、朝の時間帯に電力量単価が安いプランや、逆に夜の時間帯が割安なプランなど。ご家庭のライフスタイルに合わせてプランを選択することができます。

この料金プランが、2016年からの電力自由化によってさらに細かく柔軟に用意される可能性があります。したがって、ご家庭のライフスタイルに合わせた契約をすることで、より割安な電気生活を送ることも期待できます。

 

ご家庭に最適な契約を結ぶためには、日々の電気使用量や、どの時間帯にどの程度の電気を使うか電気使用のパターンを把握することが大切です。その時に活躍するのがHEMSと呼ばれるシステムです。HEMSとは、ホームマネジメントシステムの略称で、エネルギーの使用状況を専用画面等で見ることができ、またシステムと連動する家電などを自動制御することもできます。

 

HEMSで電気の「見える化」が可能になりますので、ご家庭での電気使用のスタイルを明確に把握することができ、生活スタイルに最適な料金プランを選択することが可能になります。

お得で最適な料金プランを選択するために、HEMSなどの活用によってご家庭の電気使用量や使用パターンを確認できるようにしておくことが第2のポイントです。

 

ポイント3:太陽光発電と蓄電池で非常時にも安心

新規参入事業者の割安プランを選択できたとしても、当初はもしかしたら電気の品質に不安があるかもしれません。たとえば、予期せぬ時に停電が発生するなど不安定な電力供給が考えられます。

そこで、突然の停電に備えて太陽光発電を導入することも大きなポイントです。太陽光発電であれば自前で電気を賄うことができますし、夜間であっても蓄電池をあわせて導入することで日中に貯めた電気を使用することが出来ます。

 

なお、太陽光発電や蓄電池のシステムは一般に高価ですが、太陽光ローンを活用したり、蓄電池の補助金を国から受けたりすることで、システム導入の敷居を下げることができます。

このように、太陽光発電や蓄電池を補助金等の活用で安く導入することが第3のポイントです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。2016年の電力自由化により、電気使用者にとって電気利用の選択肢が今以上に増えることになります。このチャンスを大いに活用するためには、上記で述べた3つのポイントを押さえておくことが大切です。

第1にご家庭のライフスタイルに最適な電気事業者を選択し、第2にご家庭の電気使用量に合わせた料金プランを検討、そして第3にいざという時のために太陽光と蓄電池を導入する。このように3つのポイントを押させることで、電力自由化という大きなチャンスで損の無い電気生活を送ることができるでしょう。

(参考)
SBパワー公式ウェブサイト http://www.softbank.jp/energy/kaitori/
楽天エナジー公式ウェブサイト http://energy.rakuten.co.jp/

2015/04/27