株式会社RecoD(れこど)

052-759-5222(全国対応)

株式会社れこどが運営する、エネルギーに関する日本最大級のブログメディア-エネルギープレス

要注目!電気料金のオトクなプラン-電気+ガス


8f7b17e536ef059561af1b046bd660b2_m

電力の小売り全面自由化でどうなる?電気+ガスのプラン

2016年4月から始まる、電力小売り全面自由化。

これに伴って、電気料金のプランが大幅に変わっていく可能性があります。

参入を表明している会社の中には、料金プランを発表しているところもあり、これからどのようになっていくのか、非常に注目です。

 

 

電気料金は光熱費であり、ガスなどと一元化されたりセットメニューになったりということが考えられます。

なのでガス会社も電力小売り事業への参入を表明しているのです。

 

例えば東京ガスは「ずっともプラン」という料金プランを公表し、インターネットサイトで内容を示しています。

それによると、消費者のライフスタイルに合わせてガス料金、電気料金、その他提供サービスなどから私たちが選べるようになっているとのことです。

たとえばガス料金と電気料金を一緒にして支払いができたり、インターネット利用料に含めて会計を済ませることができるようになるということです。

 

セットメニューになっているのでその分お得になり、消費者にとっては光熱費の値下げ効果があるとされています。これは飲食業界でよく目にするパターンと同じです。

単品を合計した金額よりもセットで注文した方がオトクなのは誰もが分かっていることですよね。

東京ガスはこれと同じことをガスと電気、その他サービスで展開しようとしているのです。

 

また、光熱費の支払いが一元化されるので支払いが簡単になり、分かり易くなるという利点もありますね。

 

 

東京ガスの試算では電気料金が年間で4,000~5,000円ほど安くなるという結果を公表しており、電気料金が実質値下げになるという感覚を味わうことができそうです。

 

 

光熱費全体が圧縮され、家計に優しくなっていく!

セットプランが導入されるなど、新たな料金体系が構築されていくことにより、光熱費自体が圧縮される効果があります。

 

さきほどは電気の例ですが、一緒にガス料金も安くするということも考えられ、家計には優しくなっていく方向へと向かうのではないでしょうか。光熱費は毎月かかる必要経費なので、これが安くなると家計にとってはすごく有難いですよね。

 

この他にも電力会社はTポイントやPontaなどのポイントカードと連携し、ポイントが貯まるプランを導入することを公表しています。

 

つまり、月々の電気料金でポイントが貯まり、貯まったポイントを使ってショッピングができるということです。

航空会社関連のマイルと同じものが電気でも活用されるということになります。

 

東京電力もガス会社と提携し、ガス料金と電気料金を一体化させたセットプランを導入するとのことで、光熱費が安価なモノになっていく流れはどんどん強くなっていきそうです。

 

日本の電気代やガス代は外国と比べて割高になっているという指摘が以前からありますので、余計に値下げ効果を実感できると思われます。

先ほどの東京ガスのように年間で数千円が圧縮されるという試算もありますし、今後システムが順調に機能するようになれば1万円という単位での光熱費圧縮もありえます。

 

 

今のうちから電気・ガスの切り替えを検討して

毎月の光熱費の支払いが負担に感じているという世帯はすごく多いです。

単身世帯ならまだしも、お子さまがいらっしゃたり二世帯・三世帯で一緒に住んでいると額はかなりのものになっていることでしょう。

 

しかし、光熱費というコストが減ることによって、世帯が得られる利益は確実に増えることになります。

電気とガスのセットプランがもたらす効果はかなり大きくなるでしょう。

本格導入される4月以降、それを味わえる方々が増えると思われますので、今のうちから切り替えを検討してみるのもいいかもしれないですね。

 

現在は、各社のホームページで電気料金の簡易試算ができるようになっているので、こちらも活用してどれくらいの費用になるのか?を見てみてはいかがでしょうか。

2016/02/20


太陽光発電所を買いたい方(販売)はコチラ