一般建設業:愛知県知事 許可 (般-29)第108502号

株式会社RecoD(れこど)

052-759-5222(全国対応)

株式会社れこどが運営する、エネルギーに関する日本最大級のブログメディア-エネルギープレス

電気自動車の保険はどうなってるの?税金は?知らないと損する保険と税金


018eaee53a94a5ab35c00833b9eda716_m

知らないと損する割引制度

電気自動車をはじめとするエコカーについて、保険が割引されるのをご存知でしょうか。
電気自動車などが税金面でいろいろと優遇されているのはご存知だと思います。

しかし、保険の面でも実は優遇されているのです。保険会社やプランなどで差はあるのですが、いろいろとお得になりますし、維持費を抑えるという点でも割安感があるのは間違いないので、ぜひ知っておいて頂きたいです。

まずは、今お世話になっている保険会社で公開されている割引額・率を調べてみて下さい。会社によって定めが様々であり、ある会社は一律1,000円の割引だったり、別の会社は割引率を○%としていたり、と実にいろいろあります。まずは情報を仕入れてみるという観点で、どんな割引があるのか、いくら引いてもらえるのか?を調べてみて下さい。

注意して頂きたいのは、自動車保険にはそのような割引は元々無いということです。
電気自動車はエコカーなのだから、プランの中に入っているだろう、という安易なことは考えないようにして下さい。

 

電気自動車に適用される自動車税にも減税が?

電気自動車にも当然自動車税が加算されます。しかし、電気自動車には自動車グリーン税制が適用されるのです。

これによって、電気自動車の自動車税は概ね75%の減税がなされます。国土交通省が公式に発表しており、平成26年4月1日から平成28年3月31日までの期間で実施されているのです。

自動車税はクルマを持っている人にとってかなり大きな負担になります。家計を圧迫する原因の一つであり、そのためにかなり節約をしたり買いたいものや学びたいものがあってもグッとこらえている人が多いのが実情です。
しかし電気自動車の購入によって自動車税が75%も減るのであれば、検討の余地が出てくるのではないでしょうか。

私の周りではこの自動車グリーン税制についてあまり語られていません。ということは、これについて知らない人が多いと思われます。エコカー減税はテレビでもネットでもいろいろと報道されていたので知っている人もたくさんいたことと思います。しかし、自動車グリーン税制についてはそれほど知られていないのが実情ではないかと思うのです。

やはり、75%も税金が軽くなるとすると、国にとっては税収が下がることを意味しますからあまり大々的に報道したくないのかもしれませんね。軽くなる額は中途半端ではないでしょうから。

実は、このようにあまり報じられていないところにこそ、オトクな情報が入り込んでいることが多いのです。ぜひ自動車グリーン税制については知っておいて下さい。

なお、軽の電気自動車についても概ね75%の軽減税率が適用されます。軽自動車を利用する方にとっては特に維持費軽減効果が見込めます。この機会にぜひご検討ください。

 

 自治体の情報も要チェック!

また、税金についてはお住まいの自治体の情報も必ずチェックをして下さい。
自治体でも独自にいろいろな制度を定めています。あるいは条例という形で決めているところもあります。こちらはお住まいの都道府県や市町村のホームページを見てみて下さい。
実は自治体の情報は非常にオトク感満載であることが多いのです。だからこそ知られていないというのが実情なのですが。

昨今話題のふるさと納税がいい例です。各地の名産品が手軽に手に入るという情報が出回るや、たちどころにそれに飛びつく人が増えました。しかしそれまでは全く知られていなかったのです。なので今では「昔の景品の方が良かった」なんていう声もちらほらときかれるようになってきました。

実はあまり知られていない今だからこそ、あなたの負担軽減に役立つ情報が眠っています。この機会に、ぜひとも国や自動車メーカーと一緒に、お住まいの地域の情報も調べてみて下さいね。

2016/01/03


太陽光発電所を買いたい方(販売)はコチラ