株式会社RecoD(れこど)

052-759-5222(全国対応)

株式会社れこどが運営する、エネルギーに関する日本最大級のブログメディア-エネルギープレス

電気自動車で経費を抑えながら楽しく旅しませんか


e766605fbcd75bf47896288e5c20b9fd_m

電気自動車で旅行がもっと手軽にできる?

電気自動車の普及が少しずつ、しかし着実に進んでいます。ガソリンスタンドはもちろん、行楽地の施設やホテル・旅館などでも充電のための設備が整えられており、電気自動車を使うことに対する不便さがどんどん解消されているからです。

 

それに電気自動車は自宅でも充電できるのでガソリンスタンドによる必要がなくなり、それでいて燃料にかかる費用も抑えることが可能なのでこれからも人気が出ていくでしょう。

 

電気自動車の登場によって、経費を抑えて旅ができるようになっていくでしょう。というのは、旅先で充電ができるからです。旅館に備え付けてある充電設備にクルマをつなげばそれだけで充電ができるようになります。旅館によっては電気代が宿泊代に含まれているところもあり、ガソリン代が別途かからない分お安く済むのです。

宿泊施設としてはそれをうたい文句にすることでさらなる集客アップが見込めますし、利用者にとっては今まで以上にお得に旅が楽しめるので、一石二鳥の効果を生み出しています。

 

距離にもよりますがガソリン代はバカにできないものです。数千円から場合によっては1万円オーバーということもあります。それが丸々浮いたら結構大きいですよね。少し贅沢な食事ができたり、欲しい物を欲しい分だけ買えたり、もっと足を延ばして遠くに行くこともできるようになるでしょう。

旅に今まで以上の彩が加えられるので、もっと楽しくもっとワクワクする旅になるということです。

 

 

自動車の維持管理費の一部が光熱費に

また、電気自動車にかかる燃料費は光熱費として見込むことができます。自動車を持っている人にとって、燃料代を含む維持管理費はバカにならないものです。

その一部が普段の光熱費に含まれると家計としても非常に助かる要素となるはずです。

 

なので、クルマを買う際には「維持費の節約になる!」という切り口から奥様を説得することもできるでしょう。浮いたお金で旅行に誘って楽しい時間を共有できれば「買ってよかった!」という感想を奥様から頂けるのではないかと思います。

 

何かを節約して旅行に行ったとするならその楽しさはひとしおでしょうし、我慢をしてきて溜めこんだエネルギーを発散させるいい機会にもなります。それが電気自動車を使うことによって可能になりますし、今までの旅にさらにプラスの要素とか色合いが重なって、それまでとはひと味違った楽しさを味わえる旅ができるようになるのではないでしょうか。

 

それに、旅って行ったらそれで終わり、ということがありますが電気自動車による節約効果は今後も続きますから、「次どこ行く?」というお話も自然と湧きやすいのではないかと思うのです。

終わったーという寂しさが一転、次に続く楽しさやワクワクが湧き上がってきたら楽しさはずっと永続できるのです。日曜日の夜に感じるような寂しさとか辛さとは縁のない生活になれるとしたら、毎日が楽しくて楽しくて仕方ないのではないでしょうか。

 

 

経費を抑えられるからではなく、経費を抑えながらだから楽しい

旅って経費を抑えるから楽しい物では無く、抑えながらという視点があるから楽しいのです。

 
それが電気自動車によってできるようになるのです。つまり、やりたいことをやりながら、そのうえで経費を抑えて実行できると「やった!」という気分になることありますよね?

それと同じ気分を味わえるからこそ、今までの旅とは違った楽しさを味わえると思うのです。ぜひその気分を電気自動車で味わってみてはいかがでしょうか?

2016/03/22


太陽光発電所を買いたい方(販売)はコチラ