株式会社RecoD(れこど)

052-759-5222(全国対応)

株式会社れこどが運営する、エネルギーに関する日本最大級のブログメディア-エネルギープレス

2016年から一般家庭でも電気の自由化が始まる!


397ec96f38069939d65ef40b19c5c278_s

国の政策により2000年から進められてきた電力の自由化が、2016年からは遂に一般家庭向けにも始まります。

 

これまで地域電力会社からのみ購入できた電力を他の事業者からも購入できるようになり、そのため事業者間で価格競争が進むことで、より安価に電力をまかなえることが期待できます。

また、価格のみならず、電力に絡んだ様々なサービスも展開されることが予想され、より豊かな生活が創造されることも期待されます。

 

そこで今回の記事では、今後においてより有利に電力を活用するため、電力自由化が進んだ背景からしっかりと理解できるよう、自由化によるメリットとデメリットを確認し、ぜひ抑えておきたいポイントを整理してみたいと思います。

 

電力自由化の背景

従来、日本の電力供給は各地域に設立された電力会社のみによって独占的に行われてきましたが、そこには歴史的背景があります。

 

太平洋戦争後、日本は深刻な電力不足に陥っていました。

そこからより早く日本経済の復興を成し遂げるには、電気事業を地域ごとに独占的に行わせることが最も安定で効率的な電力供給方法でした。

 

その後、日本は高度経済成長を実現しましたが、やがてバブル崩壊後の経済停滞の時代に入ります。

そこで浮かび上がってきた問題が、巨大な電気事業を運営するための高コスト体質です。

同時に、一般家庭に課される高い電気代を改善することも課題となりました。

そこで、電気事業にも市場の競争原理を導入し、効率的な事業経営と価格競争の促進を図ることが検討され始めました。

 

その結果、電気事業の制度改革が進められ、新規参入の電気事業者や他地域の電力会社からも電力を購入することが可能になりました。

そして、2016年には一般家庭にも電力の小売が自由化されるに至りました。

 

2016年からの電力自由化はどうなるか

2016年から始まる電力自由化では、従来は地域独占の電力会社からしか購入できなかった電力が、一般家庭において他の事業者からも購入することができるようになります。

つまり、携帯電話の事業者を選択するように、料金やサービス内容を比較検討して自由に契約することが可能になるわけです。

 

その結果、電力の価格競争が促進され、一般家庭において今までよりも電気代が安く済むことが期待されます。

また、様々な形の電力供給サービスも誕生するでしょう。

 

このように、一般消費者にとっても2016年からの電力自由化は非常に期待できる制度と言えますが、一方で、新規事業者によっては停電など電力安定供給に不安が残る可能性もあります。

 

地域電力会社がこれまで築き上げてきた安定した電力供給の設備やノウハウは非常にレベルが高く、また停電が発生しても迅速に解決できる体制が整備されています。

しかし、新規に参入する事業者にとって既存の電力会社と同レベルの品質の電力供給は、敷居が高いかもしれません。

また、電気は専用装置がなければ蓄積することができません。

そのため、停電が起きた場合の不安が残ることが、電力自由化におけるデメリットの1つと言えるでしょう。

 

電力自由化に備えて太陽光発電と蓄電池を

2016年から始まる電力自由化に向けて、現在注目を集めているのが太陽光発電です。

 

住宅メーカーや大手電機メーカー等、いくつかの事業者が太陽光発電の買い取りサービスを発表しました。

このサービスによって、一般家庭において太陽光発電で得た電力を、より高く売電できることが期待されます。

また、新規事業者から電力を安く購入する場合は、安さのトレードオフとして予期せぬ停電等の品質面が心配されるかもしれません。

 

しかし、太陽光発電システムが導入されていれば、停電時でも日中は太陽光エネルギーを利用して電力をまかなうことができますし、また蓄電池を設置しておけば太陽光発電で得たエネルギーを貯めることができ、夜間でも電力を活用できます。

 

このように、太陽光発電と蓄電池を導入することで、売電をより有利に行うと同時に、停電等のデメリット回避が期待できるでしょう。

 

まとめ

以上で見たように、2016年から始まる電力自由化によって、一般家庭でもより安く電力を使用できる機会が生まれてきます。

 

もちろん、どの事業者と契約するかによって料金や電力の安定性は異なると思いますが、蓄電池とあわせて太陽光発電を導入することによって、より低価格で安心して電力を使用し続けることが期待できます。

 

今後も、電力自由化によって様々な形のサービスが様々な事業者から出てくると思われます。

早めのご検討をすることで、電力自由化のメリットが十分に理解でき、より有利な条件で電力をご利用頂けるようになるでしょう。

2015/01/12