株式会社RecoD(れこど)

052-759-5222(全国対応)

株式会社れこどが運営する、エネルギーに関する日本最大級のブログメディア-エネルギープレス

高価と思われる蓄電池、その推移と現在価格


8221e3448e9bfa1160484466775aef1c_m

2011年に発生した東日本大震災をきっかけに、太陽光等による再生可能エネルギー普及の動きが活発になってきました。再生可能エネルギーを有効活用するためには、太陽光発電の場合は太陽光パネルが必要となり、さらに突然の停電時や夜間の電気利用のためには蓄電システムも重要な装置になります。

 

そのため、太陽光発電システムとともに蓄電システムを導入したいと検討される方も増えてきたと思われますが、その際に気になることが蓄電池の価格ではないでしょうか。

 

そこで、今回は蓄電池の価格帯はどのよう推移してき、そして現在の価格水準はどのようになっているかご紹介したいと思います。

 

蓄電池の材質ごとのコスト

経済産業省蓄電池戦略チームがまとめた『蓄電池戦略』(平成24年7月)によれば、1kWhあたりの蓄電池コストとして、材質ごとに以下のようにまとめられています。

 

蓄電池種別 1kWhあたりのコスト
鉛蓄電池 50,000円
リチウムイオン蓄電池 200,000円
ニッケル水素電池 100,000円
NAS電池 40,000円

(『蓄電池戦略』の情報を元に作成)

 

現在、家庭用や産業用の定置用蓄電システムにおいて主に活用されており、今後も普及が見込めるとされているものがリチウムイオン蓄電池になりますが、数ある種類の蓄電池の中でも最も高価であることが分かります。

 

しかし、リチウムイオン蓄電池は量産化することにより価格低下が見込まれており、また技術革新によるエネルギー密度向上も期待されています。そのため、リチウムイオン蓄電池は国としても普及を後押ししたいことから、購入時の補助金対象の種類となっています。

 

現在に至るまでの蓄電池の価格推移

それでは、リチウムイオン蓄電池の価格はどのように変化してきたでしょうか。

『経済産業省生産動態統計年報』機械統計編のデータによると、近年のリチウムイオンタイプの蓄電池の販売数量と販売金額、そして1単位あたりの価格は以下のように推移しています。

 

販売数量
(千個)
販売金額
(百万円)
1単位(セル)
あたり価格
変化率
2003年 780,921 305,548 391.37円
2004年 828,332 293,751 354.63円 -9.36%
2005年 926,502 289,148 312.09円 -12.00%
2006年 1,072,501 304,264 283.70円 -9.10%
2007年 1,137,100 333,421 293.22円 3.36%
2008年 1,256,111 390,423 310.82円 6.00%
2009年 1,082,974 280,883 259.36円 -16.56%
2010年 1,317,624 295,779 224.48円 -13.45%
2011年 1,218,342 250,579 205.67円 -8.38%
2012年 970,268 317,461 327.19円 59.08%
2013年 844,622 279,364 330.76円 1.09%

(『経済産業省生産動態統計年報』機械統計編を元に作成)

 

基本的には年が進むとともに価格が下落する傾向であることが分かります。2012年には一時的に値段が急上昇していますが、これは東日本大震災の影響などによる事情が影響したのかもしれません。

 

補助金対象となるリチウムイオン蓄電池の現在価格

補助金対象となるリチウムイオン蓄電池は、補助金交付の主体である一般財団法人環境共創イニシアチブ(SII)の公式ウェブサイトに表示されています。

 

2015年4月9日現在、同サイトでは補助金対象として登録されている蓄電池価格は下記のように記載されています。(価格や対象の蓄電池は今後更新される可能性があります。また、各メーカーのうちそれぞれ一つを記載しております。)

 

メーカー 蓄電池の型番 蓄電容量 定各出力 国が定める
基準価格(A値)
目標とされる価格(B値)
フォーアールエナジー株式会社 EHB-240A030 12kWh 3000W 2,162,000円 1,036,000円
東芝ライテック株式会社 ENG-B6630A2-N1 6.6kWh 3000W 2,162,000円 1,036,000円
株式会社デンソー DNHCLB-AHW4 4.1kWh 2000W 946,000円 428,000円
株式会社エヌエフ回路設計ブロック LS066H 6.6kWh 3000W 1,440,000円 660,000円
日本電気株式会社(NEC) ESS-003007C0 7.8kWh 3000W 1,568,000円 724,000円
パナソニック株式会社 PLJ-25522KN1 5.6kWh 5500W 1,216,000円 548,000円
シャープ株式会社 JH-WBP01 4.4kWh 2000W 1,072,000円 476,000円
エリーパワー株式会社 EPS-11 6.2kWh 3000W 1,312,000円 596,000円

(環境共創イニシアチブ公式ウェブサイト「量産型登録機器一覧および補助額計算」を元に作成)

 

上記表の基準価格を1kWhあたりに換算すれば、2015年4月時点でのリチウムイオン蓄電池はおおよそ20万円代の価格帯であることが分かります。

 

まとめ

現在のリチウムイオン蓄電池は1kWhあたり20万円のものが相場のようです。現時点ではまだ高価のように見えますが、補助金対象の蓄電池も多数あり、またリチウムイオン蓄電池の価格も年々低下する傾向にあります。

そして、独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が平成25年8月にまとめた『NEDO二次電池技術開発ロードマップ2013』によれば2020年時点での蓄電池はさらなる低価格化が期待されています。

これらのことから、将来的にはリチウムイオン蓄電池を導入する敷居が今以上に低くなると思われます。


(参考)
・ 経済産業省蓄電池戦略プロジェクトチーム『蓄電池戦略』平成24年7月
・ 環境共創イニシアチブ公式ウェブサイト
・ 『経済産業省生産動態統計年報』機械統計編
・ NEDO二次電池技術開発ロードマップ2013

2015/05/12