株式会社RecoD(れこど)

052-759-5222(全国対応)

株式会社れこどが運営する、エネルギーに関する日本最大級のブログメディア-エネルギープレス

家庭用の蓄電池を設置する全体の流れをご紹介


79939916c9dbaf8fc1f9a432b3fcb0a2_m

太陽光発電システムと同時に蓄電池を導入する場合、心配なのが蓄電池の価格ではないでしょうか。

家庭用の蓄電池として現在の主流タイプはリチウムイオン電池になりますが、リチウムイオン電池は他の種類の蓄電池と比較して高価(1kWhあたりおおよそ20万円)であり、そのため導入にためらってしまうかもしれません。

 

しかし、蓄電池を購入する際に国から補助金を受けることができます。そのため、補助金を活用すれば販売価格よりも低いコストで蓄電池を設置することができます。ただし、補助金を視野にいれる場合は蓄電池設置までの補助金申請手続きを含めた全体の流れを把握しておくことが大切です。もし、定められた申請の流れに従っていない場合や諸条件に当てはまらない場合は補助金が給付されません。

 

そこで今回は、蓄電池の補助金申請を含めて、設置、運用に至るまでの全体の流れをご紹介したいと思います。

流れは大きく二段階に分けることができ、前半は蓄電池設置までの「交付申請の流れ」、後半は設置後の「実績報告の流れ」になります。

 

家庭用蓄電池設置までの全体の流れ(交付申請の流れ)

補助金の交付を考慮に入れた蓄電池設置は、以下の流れに沿って進めていきます。

 

1. 家庭用蓄電池を扱う事業者へ問い合わせる。
2. 事業者による現地調査。
3. 事業者との打ち合わせ、見積もりの作成。
4. 蓄電池の購入契約。
5. 「補助金交付申請書」を一般社団法人環境共創イニシアチブ(SII)へ提出。
6. 交付決定。
7. SIIから「交付決定通知書」を受領。
8. 蓄電池設置、運用開始。

 

上記5.から7.の期間は、3~4週間ほどかかる場合があります。また、4.の購入契約後以降は購入費用の支払いが発生します。

特に、昨年と異なり2015年からは購入契約後でなければ補助金申請をすることができなくなりましたので、この点は注意が必要です。上記の流れと異なった場合(交付決定通知書受領前に補助対象機器設置する等)は、補助対象外となります。

 

また、購入する蓄電池は、SIIに補助対象機器として登録済みであることが必須です。具体的にどのメーカーのどの型番の蓄電池が補助対象であるかは、SIIウェブサイトの「量産型登録機器一覧および補助額計算」に記載されています。また、補助金額のシミュレーションも合わせて行えますので、一度ご確認することをおすすめします・

「量産型登録機器一覧および補助額計算 」
https://sii.or.jp/lithium_ion26r/device/search

 

なお、2015年の補助金交付申請受付期間は2015年3月30日から同年12月28日(郵便私書箱必着)となっています。また、受付期間でも補助金申請の合計が予算額(130億)に到達すれば受付終了となります。

 

家庭用蓄電池設置後の全体の流れ(実績報告の流れ)

蓄電池の補助金を受ける場合は、蓄電池設置後に実績報告書の申請を行うことが求められ、以下の流れで処理を行います。(蓄電池設置後からの流れを記載します。)

 

1. 補助対象蓄電池設置。
2. 購入費用の支払い完了。
3. 「補助事業実績報告書 兼 取得財産等明細表」を作成し、SIIへ提出。
4. SIIから「補助金の額の確定通知書」を受領。
5. 補助金の支払い。

 

上記3.から4.の期間は、3か月ほどかかる場合があります。

2015年の実績報告受付期間は2015年3月30日から2016年1月29日(郵便私書箱必着)となっています。

なお、実績報告をするためには、設置した蓄電システムが使用可能状態であることや販売事業者から引き渡し済みであることが条件となっています。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。補助金を視野に入れて蓄電池を導入するためには、申請のタイミングや設備導入後の提出物などに気を配る必要があります。また、補助金はすぐには交付されないため、その点も注意が必要となります。特に2015年からは、蓄電池購入の契約後でなければ補助金申請ができないルールに変更されているため、前年度の申請ルールと間違えないようにしましょう。

2015/05/15


太陽光発電所を買いたい方(販売)はコチラ